名古屋名物味噌カツ

味噌カツと言えば名古屋名物の味噌風味ソースを掛けたトンカツの事。
まあ早い話、ソーストンカツに変わるものだというイメージをお持ちの方も多い事でしょう。
それは味噌だれを載っけた豚肉の串カツだったりなんかもするのであります。
実は実は、この豚串カツに名古屋圏ではなくてはならない赤味噌を載っけたもの、それこそが正真正銘の名古屋名物味噌カツなんですねぇ。
あれは名古屋の方へ行くと、スーパーなどでも当たり前に市販されているんだそうですよ。
また、それをご飯の上に載せた味噌カツどんぶりやカレーなんていうのも名古屋では珍しくありませんね。
皆さんも暇を見つけ、関連のブログやサイトから収集した知識を元に、そんな味噌カツソースを手作りしてみられてはいかがでしょうか。
しかも、今やトンカツや串カツだけでなく、海老フライや焼き魚にも掛けて美味しく食べる人が大勢いるというのですから驚きです。
名古屋人の味噌カツソース大好き文化は恐ろしいほどに浸透しているんですよね。
まあもっとも、最近では、平べったいトンカツをお皿に載せ、ソースの代わりに味噌だれを掛けたものもあります。
まあ親切なところは、味噌カツと通常のとんかつをきちんと区別して表示してくれたり、ソースをどちらにするかを尋ねてくれるところもあるにはあるようですけどね。
因みに、妹が通っていた名古屋の大学には、トンカツ定食とは別に、味噌カツ定食というのがあったそうです。
そこは他府県から訪れた際には、少し気を付けた方がいい点だと言えるでしょう。
串カツに味噌だれを付けて食べる習慣は、名古屋で生まれ育った食文化です。
が、しかし、お皿の上に平べったいトンカツを載っけて味噌だれを掛ける味噌カツは、実は実は愛知県内ではなく、三重県内の洋食屋さんが考案したもの。
これはちょっと意外な蘊蓄ですから、名古屋県民を相手に大きな顔をして語れるかも知れませんよ。
と、下らない話はさておき、とにもかくにも、名古屋飯の代表格である味噌カツは、緒戦はトンカツや串カツに過ぎません。
ただ、そこにご当地名物の独特の味噌だれを掛ける事で一気に存在感をアップさせるちょっと不思議な料理でもあるのです。
そのため、気を付けないと、名古屋圏の飲食店でトンカツやカツ丼をオーダーすると、当たり前のように味噌だれが掛かって来るとか・・・
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。