ダイハツムーブカスタムとは

ダイハツムーブカスタムは、ダイハツの軽自動車のブランド名で、その名前は広く知れ渡っており、車に詳しくない人でも知っている。
ダイハツの人気車種であるダイハツムーブカスタムは、国内では軽自動車といえばムーブというぐらい、知名度は抜群で、長く愛され続けている。
先行して販売され、大人気だった「スズキのワゴンR」に対抗する形で、ムーブ、及びダイハツムーブカスタムは、1995年に初代がリリースされている。
ダイハツは、当時、スズキのワゴンRに独占されていた、軽の「トールワゴンタイプ」というセグメントに、満を持してムーブを投入し、後発のダイハツムーブカスタム誕生へとつながっていく。
ダイハツムーブカスタムの歴史は、そのまま日本の軽自動車の歴史と言っても良いかもしれない。
インターネットなどで、ダイハツムーブカスタムのオーナーズクラブを探したり、情報サイト、ブログなどで最新のパーツ情報を検索してみるといいだろう。
カスタマーがスモールカーや軽自動車に、何を求めているかを徹底的に追求し、その要求を満たす車を生産してきたのがダイハツだが、ダイハツムーブカスタムもそんな車の一つだ。
どんな自動車にも言えることだが、目的や用途が明確な車はスタイルにも表れるが、ダイハツムーブカスタムも例外ではない。

ダイハツムーブカスタムを販売しているダイハツは、現在はトヨタ自動車の傘下にあるが、日本で最も歴史の長い量産車メーカーであるといわれている。
誰がみても、何処からみてもダイハツムーブカスタムと一目で分かる。
ダイハツのブランドイメージと相まって、ダイハツムーブカスタムは軽のトールワゴンタイプの中で、確固たる位置を確立しているのだ。

ダイハツムーブカスタムをリリースしている、ダイハツ工業株式会社は、軽自動車を中心に「スモールカー」を主力として製造してきた。
長い期間に、メーカーが培ってきた技術が年々積み重なり、今のダイハツムーブカスタムのスタイルになっているが、目的や用途が明確な車だから激変はしない。
販売年数、販売台数ともに実績も歴史もあるダイハツだから、ダイハツムーブカスタムを含むムーブシリーズは膨大で、純正パーツの他に、社外パーツやドレスアップ品はかなりの種類が出ている。
信頼のブランドイメージで、「ダイハツのダイハツムーブカスタムなら間違いないだろう」という考えにつながる。
ダイハツムーブカスタムオーナーの、口コミ情報などは参考になるし、質問サイトで聞いてみるのもいいだろう。
ダイハツムーブカスタムとは、その名の示す通り、「ムーブ改」と思っていただいて良いだろう
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。