ダイハツムーブの評価


軽自動車といえば、ダイハツムーブというぐらい、スズキのワゴンR と双璧をなす抜群の知名度で、長く愛され続けているダイハツの人気車種なのだ。
1995年に初代がリリースされて以来、ダイハツムーブは、スズキのワゴンR と共に高い評価を得ている。
軽の「トールワゴンタイプ」というカテゴリーは、当時、スズキのワゴンRの独占状態だったが、満を持してムーブを投入し、ダイハツムーブ誕生へとつながっていく。
ダイハツムーブのカスタムは、装備や性能の点で、ベーシックのムーブを凌駕し、購買意欲をかき立てている。
スタンダードのムーブをベースに、性能をスープアップしたり、装備をグレードアップしたダイハツムーブカスタムの評価は高い。

ダイハツムーブを販売しているダイハツは、現在はトヨタ自動車の傘下にあるが、量産車メーカーとして、確固たる位置を築いており、この点で評価に値するだろう。
日本の軽自動車を牽引しているダイハツの、ダイハツムーブの歴史は、スモールカーの歴史と言っても良いかもしれない。
ダイハツムーブカスタムのオーナーは、パーツ選びや、さらなるカスタムを目指すことも可能なのだ。
インターネットで、情報サイト、ブログを探し、ダイハツムーブカスタムのオーナーズクラブや、最新のパーツの情報を検索してみるのもいいだろう。
楽しみは尽きないダイハツムーブの世界だが、こうした裾野の広さも高評価につながっている。
実績・歴史ともに申し分ないダイハツの、ダイハツムーブであるから、純正パーツの他に、社外パーツやドレスアップ品はかなりの種類が出ている。
軽自動車は、 排気量や車体の大きさに、明確な上限があるので、どうしてもパッケージングには制約があり、ダイハツムーブも例外ではないはずだ。
目的や用途が明確な車は、スタイルにも表れ、ダイハツムーブはその好例といえる。
消費者が、軽自動車に何を求めているかを徹底的に追求し、その要求を満たす車の一つがダイハツムーブと言えよう。
その限られた制約の中で、どうすればダイハツムーブと、一目で分かってもらえるかは、デザイナーの手腕であろう。
軽のトールワゴンタイプというカテゴリーの中で、ダイハツムーブは確固たる位置を確立しているのは、評価に値する。
すでにダイハツムーブオーナーの人の感想を、質問サイトで聞いてみるのも勉強になる
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。