味噌煮込みうどん


必ずしもベースとなるスープは八丁味噌風味でなければならないとか、きしめん使用でなければならないというものではありません。
ご当地が生んだ真っ赤な八丁味噌ときしめんのコラボで、正しく名古屋飯の代表格です。
でも、味噌煮込みうどんは鍋焼きうどんの一種で、冬には熱々を食べるとほんと美味しいんですよね。
それどころか、元々味噌煮込みうどんは武田信玄が地元山梨名物のほうとうを味噌仕立てで味わったのが起源とされる富士の裾野の郷土料理だったそうですよ。
味噌煮込みうどんだけじゃなく、味噌カツというのも名物料理になっていますよね。
だって、味噌ラーメンていうのも日本独特の料理で、本場中国にはないそうですからね。
ただ、当然の事ながら、日本ではラーメンよりうどんの方が古くからありますから、味噌ラーメンが味噌煮込みうどんを真似て誕生したものと考えていいでしょうね。味噌煮込みうどんと言えば、言わずと知られた名古屋名物だぎゃぁ。
特に太めのほうとうや平べったいきしめんは味噌スープになじみやすくて実にナイスなコンビ。
味噌煮込みうどんはそんな独特の麺文化を持つ名古屋や山梨では発展するべくして発展したのかも知れません。
ですから、その場合は、合わせ味噌で煮込みうどんを作るのも多いにありなんです。
確かに、名古屋圏では皆さん八丁味噌大々好き人が圧倒的多数ですから、赤いスープのうどんは当たり前。
それがいつしか名古屋でも地元名物の八丁味噌ときしめんを使って作られるようになったんですねぇ。
でも、全国的には、あの赤だしはちょっと苦手だとおっしゃる方も少なくないでしょう。

味噌煮込みうどんは味噌スープの鍋焼きうどんですからね、別に無理に八丁味噌で作らなければいけないというものではないんですよね。
実際、日本中には知る人ぞ知るご当地味噌煮込みうどんというのが沢山存在します。
私なんかは、白味噌仕立ての煮込みうどんもコクがあって好きですね。
という事で、皆さんも関連のブログやサイトを参考に、いろいろな風味や具材の味噌煮込みうどんを楽しまれてみてはいかがでしょうか
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気の味噌汁の具


因みに、私は沢山の具が入ったまるでおかずのようなみそ汁が好きです。
ただ、全国的にはやはり味噌汁の具と言えば豆腐、これが一番人気なんですね。
具満点で栄養も満点、それだけでご飯が美味しく食べられるっていうやつね。
次いで第2位がワカメだそうですから、やっぱ豆腐とワカメのみそ汁が定番という事にはなって来るのでしょう。
因みに、人気の味噌汁具材ランキング第4位は大根だそうで、大根の御味御汁は今も健在ということですね。
それに玉葱と油揚げというトリオは、私が作るみそ汁の中では、一押し具材です。
ほら、以前テレビのコマーシャルでやっていた食べる味噌汁っていうやつ。
後、ちょっと意外だったのは、きのこの味噌汁、これが思いのほか多くの支持を集めているという事です。
まあ恐らくこれは、いろいろなキノコ類がみそ汁の具として支持されているというより、ナメコ汁の人気が高い事を示しているものと思われますが、さてさてどうなのでしょう。
まあ確かに、松茸を具材に入れた味噌汁というのは最高級でしょうし、不味くはないだろうとも思います。
ただ、個人的にはやっぱり松茸は松茸のお吸い物で知られるように、すまし汁の方が合うような気がする。
まあ味噌汁の具材としては、シメジやエリンギの方がフィットするのではなかろうかと・・・。

味噌汁の具材として人気の高いのは、豆腐とワカメ、それに油揚げと言ったところでしょうか。
ですから、比較的リーズナブルな具材が支持を集めている訳で、この辺りにも、みそ汁は家庭の味、おふくろの味、そして庶民の味だという事を物語っていますね。

味噌汁の具で私が一番好きなのはジャガイモ、味噌だしの中で柔らかくとろけるようになったポテトちゃんは最高でしょう。
ただ、御味御汁、何、それ?なんて言う人も増えていて、そこにちょっぴり時代の流れを痛感させられるのであります。
という事で、皆さんもいろいろな具材の味噌汁を関連のブログやサイトから調べ、あれこれ試して、自分なりの人気ランキングを付けられてみてはいかがでしょうか
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味噌の土手鍋

味噌はやっぱりみそ汁にして食べるのが一番だとかと言われますが、どうしてどうして、今の時期は鍋の方が絶対最高だと私は思いますね。
冬に広島へ行ったら、何が何でも味噌の香り漂う土手鍋を味わわなくっちゃね。
因みに土手鍋というのは、貝類と野菜を入れた味噌風味の鍋料理の事で、必ずしも牡蠣でなければならないというルールはないんだそうです。
ですから、アサリでも、ハマグリでも理屈的には全然OKとされているようですが、やっぱり土手鍋と言えば牡蠣でしょう。

味噌は言うまでもなく、その溶かし加減でスープの味を自由自在に変かさせる事の出来る調味料。
ただ、世の中には牡蠣が苦手だと言う人も結構いますから、そういう方は、他の貝類と味噌との新たなバランスというのを考えても楽しいかも知れませんね。
特に冬の味覚の代表格とも言える牡蠣を使った土手鍋というのは絶品中の絶品ですよ。
例えば、京都の西京みそを使った魚介類の西京焼きや信州味噌を使ったおやき、それに名古屋なら、誰もが知っているみそ煮込みうどんには八丁みそなんていう名コンビですね。
そしてそして、広島名物の牡蠣には、やはり広島名物の府中味噌がよく合います。
そうして誕生した絶品料理が広島の冬の名物土手鍋なのであります。
そう、土手鍋は正しく広島県民が誇る郷土料理の横綱、はっきり言って、お好み焼きなんて目じゃないですよ。
ですから、すじ肉を味噌と醤油で煮込んだ大阪の土手煮とはちょっと違います。
あの味噌の溶かし加減で微妙に変わる牡蠣の味わいはたまりませんね。
そこで、その特徴を生かし、自分好みの味を作り出す楽しみを持っているのが広島名物の土手鍋です。
鍋の周囲に壁を作るように塗った味噌を適度に崩し、スープに溶かしながら豆腐や野菜、そして主役の牡蠣を味わいます。
実はこのみそを土手のように塗るところから土手鍋は銘々されたものなんですね。
でも、味噌を使った鍋料理は、土手鍋以外にも沢山ありますから、関連のブログやサイトで調べ、いろいろ作ってみたいところではあります
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。