味噌の土手鍋

味噌はやっぱりみそ汁にして食べるのが一番だとかと言われますが、どうしてどうして、今の時期は鍋の方が絶対最高だと私は思いますね。
冬に広島へ行ったら、何が何でも味噌の香り漂う土手鍋を味わわなくっちゃね。
因みに土手鍋というのは、貝類と野菜を入れた味噌風味の鍋料理の事で、必ずしも牡蠣でなければならないというルールはないんだそうです。
ですから、アサリでも、ハマグリでも理屈的には全然OKとされているようですが、やっぱり土手鍋と言えば牡蠣でしょう。

味噌は言うまでもなく、その溶かし加減でスープの味を自由自在に変かさせる事の出来る調味料。
ただ、世の中には牡蠣が苦手だと言う人も結構いますから、そういう方は、他の貝類と味噌との新たなバランスというのを考えても楽しいかも知れませんね。
特に冬の味覚の代表格とも言える牡蠣を使った土手鍋というのは絶品中の絶品ですよ。
例えば、京都の西京みそを使った魚介類の西京焼きや信州味噌を使ったおやき、それに名古屋なら、誰もが知っているみそ煮込みうどんには八丁みそなんていう名コンビですね。
そしてそして、広島名物の牡蠣には、やはり広島名物の府中味噌がよく合います。
そうして誕生した絶品料理が広島の冬の名物土手鍋なのであります。
そう、土手鍋は正しく広島県民が誇る郷土料理の横綱、はっきり言って、お好み焼きなんて目じゃないですよ。
ですから、すじ肉を味噌と醤油で煮込んだ大阪の土手煮とはちょっと違います。
あの味噌の溶かし加減で微妙に変わる牡蠣の味わいはたまりませんね。
そこで、その特徴を生かし、自分好みの味を作り出す楽しみを持っているのが広島名物の土手鍋です。
鍋の周囲に壁を作るように塗った味噌を適度に崩し、スープに溶かしながら豆腐や野菜、そして主役の牡蠣を味わいます。
実はこのみそを土手のように塗るところから土手鍋は銘々されたものなんですね。
でも、味噌を使った鍋料理は、土手鍋以外にも沢山ありますから、関連のブログやサイトで調べ、いろいろ作ってみたいところではあります
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味噌の塩分


特に塩分の取り過ぎイコール成人病の発症と思い浮かべられがちな昨今、ここは注目すべき点だと言っても過言ではないでしょう。
ですから、関西で好まれる甘めの西京味噌や関東で人気の江戸甘みそは、比較的塩分が少ないという特徴を持ち合わせています。
最近はヘルシー志向で減塩みそが増えつつあるとは言え、それでも、塩分量が10パーセント前後というものは少なくありません。
けれど、全ての日本人が徹底してそこまで拘る必要はないのだという事も知っておいていただきたいのです。
極端な話、塩分を必死になって気にしながら味噌汁を作ったり食べたりする事はないという事ですね。味噌は体にいい食材だと言われながらも、非常に塩分の高い食材でもあります。
ただ、その塩分量が味や香りを決めると言っても過言ではないものなんですね。
実際、近頃は塩分控えめの味噌というのが多数市販されるようになりました。
なので、塩分が気になるものの、やっぱりまろやかな風味の美味しいみそ汁を食べたいと思われる方は、こうした甘口みそを使われるといいかも知れませんね。
とは言え、そもそも味噌に塩をたっぷり加えて熟成させるのは、発酵に必要な微生物を増やすとともに、貯蔵中に発生する雑菌を抑制するためです。
そして、塩分量が高いと、それだけ発酵に時間が掛かりますが、その長期にわたる熟成中にまろやかさを増し、塩慣れした良いみそが出来るとされています。
ですので、どうしても気になってしまう味噌の塩分ですが、まずは関連のブログやサイトで調べ、正しい知識と認識を持たれる事が大事なのではないでしょうか。

味噌の塩分は確かに数字だけをみればビックリ、思わず引いてしまわれる方も少なくないでしょう。
勿論、どうしても塩分が気になるとおっしゃる方やドクターの指導を受けておられる方は、そうした減塩味噌をお使いになるといいでしょう。
因みに、平均的な味噌の塩分量は12パーセントっと、ちょっとお高め。
むしろ、塩分の高い辛口のものだと、少しの量で十分味を調えられますが、甘めのものだと逆に一度に使う量が多くなり、結果的に大差がないという事も考えられるでしょう。
そうなって来るとですね、やはり塩分を気にせず、少しでも美味しい味噌を使った一杯をと思ってしまいますよねぇ
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味噌を使ったレシピ

味噌のレシピと言って、誰もが真っ先に思い浮かべるのがみそ汁のレシピ。
確かにみそ汁は、それぞれの家庭の味というのがあって、その中身も風味も驚くほど多種多様です。
まあ我が家に我が家の味噌汁レシピがないなんていうご家庭は、かなり少ないのではないかと思われますね。
それに、多くの男性は、やはりみそ汁作りがうまく、具材や風味を変えた様々なレシピを持っている女性を好まれるようですよ。
その使い道は本当に多岐にわたり、レシピもいくらでも存在するし、自分でも作れるのです。
今日はそんな味噌を使ったレシピの中から、この時期におすすめの一つをご紹介しましょう。
どれもそれなりに美味しく出来たので、もっといろいろ関連のブログやサイトから面白レシピを探し、いろいろな味噌クッキングを楽しみたいなぁと思っています。
特に京都や大阪では、甘い西京みそを使った白みそ雑煮が元旦の定番レシピ。
普段のレシピでは合わせ味噌でみそ汁を作るというご家庭でも、お正月だけは白みそでお雑煮をいただきます。
ですが、わざわざお持ちを食べるだけに白みそを買うというのはちょっともったいない話。
馬鹿みたいに単純なレシピですが、とにかく、みそ汁の中に焼いたおもちを一つ二つ、ポ〜ンと放り込んでみて下さい。
そして、今度は是非甘い西京みそを使ったお雑煮も食べたくなられるはず。
そしてそして、関西風味噌雑煮のレシピを極めてみたくなられたりしてね。

味噌と言えばそのレシピの代表格がみそ汁ですが、その感覚で関西では、お正月にもみそ雑煮をいただきます。
特に、様々な具材を入れたみそちゃんこは、体は温まるは、栄養のバランスはいいはで最高ですよね。
ただし、どんなに美味しくて体にいい味噌レシピも、その傍らでお酒を飲み過ぎてはNG、そこはしっかり自粛される事が大切でしょう。

味噌を使ったレシピでもう一つ、この時期とにかく美味しいのが鍋料理です。
以前インターネットで、みそ風味のチーズケーキとかシフォンケーキ、それにプリンやクッキーのレシピなんていうのも見つけました。
| 携帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする